「国連 気候行動サミット」23日に開幕 

NPO法人 しまだ環境ひろば 「エネルギー担当」 と 「事務局」 です。

 

スウェーデンの環境活動家 トゥンベリさん(16)の呼びかけに応じた若者が、9月20日、世界各地でデモ行進に参加しています。

 

「国連気候行動サミット」が23日、ニューヨークの国連本部で開かれます。

 

国連は、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が2020年から本格的な運用を控えて、温暖化ガスの削減目標の上積みを各国に求めています。

 

石炭火力発電所の閉鎖と新規建設の取止めを、国連のグテレス事務総長は求めています。

 

今、世界各地で、記録的な異常気象が続いており、気温上昇による海面上昇や、干ばつなどでこのままでは、人の命が危機にさらされる。

 

温暖化に危機感を持つヨーロッパの国々に反して、米国が「パリ協定」からの離脱を宣言したり、発展途上国の多くは石炭火力に頼る姿勢を崩していない。

 

日本も、石炭火力・原発・再エネをベスト電源に据えて、石炭火力に頼らざるを得ず、方向転換できない苦しい立場に立っています。

 

小泉新環境大臣も、23日のサミットには出席しますが、日本に対する風当たりは強い。

 

やはり、思い切って、再エネの創出に舵を切る必要がある。

 

そのためには、規制緩和しかない。

 

使ってもいない農業水路、使っても減らない水、誰を守って要るのかわからない規則・基準を思い切って取り除かないと、「小水力発電 など再エネ創出は一歩も進まない

 

日本は、再エネの宝庫である。

 

持てる国が頑張らないと、地球温暖化は止まらない。

 

 

「生活情報交換会 9月例会」に参加して

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

今日 (9月20日 金 am) は、「生活情報交換会 9月例会」 に参加しました。

 

生活情報交換会は、某企業を同期で退職した数人が、これからの生活を有効に過ごそうと、最初は会員間の情報交換会から始まり、だんだん耳も肥えて来て、外部講師をお招きしての講演会中心の会となりました。

 

政治・宗教などイデオロギーに近いテーマは敢えて避け、その他のテーマは幅広く取り上げて、講演会の数はもう百十回を数えています。

 

いまや会員数も70名を超え、今日も48名の出席者でした。

 

今日のテーマは、徳川家康駿府城下町」 と題して、講師は、静岡市観光交流文化局歴史文化拠点推進監  中村羊一郎先生でした。

 

中村先生からは、去る8月に、三菱電機OB会で、今川義元を中心にした今川文化についての講演を聴き、今回はその第二部を聞けるのではないかと期待に胸躍らせて出席しました。

 

先生は、冒頭に、徳川家康は静岡 (駿府) に3度関りを持ったことから話始めました。

 

 ■ 少年時代 今川の人質として駿府に送られたが、今川家に大事に育てられ、家康の素養・基礎はこの時代につくられた。

 

 ■ 壮年時代 三方ヶ原の戦い武田信玄に負けて、その後浜松城から駿府城に移った。

 

 ■ 晩年時代 関ケ原の天下分け目の戦いに勝って、以後徳川時代の礎を築き、政権を秀忠に引き継ぎ、自分は大御所として駿府に移った。

 

政権は秀忠に譲ったが、決定権 (内政・外交) は全て持って、駿府から全国ににらみを利かせた。

 

大御所時代の家康は、外国人の登用や、諸外国との交易など華々しい外交政策を展開、久能山東照宮の西洋時計がその証でもある。

 

そんな徳川家康が、なぜ駿府を選んだか。

 

それは、

 

 ■ 駿府は、江戸・名古屋・大阪の真ん中にあり、、東は箱根、西は安倍川・大井川、北は2,000m級の南アルプスなど、自然の要害の地だったこと。

 

 ■ 海外との交易が重要になって来た時代、清水港を擁していたこと。

 

 ■ 温暖で水が豊富だったこと。

 

駿府城の歴史は次の通りであるが、殿様不在の時代が長く続き、町人中心の城下町が栄えた。

 

 ■ もともとこの辺りには、今川の館があった。

 ■ 徳川家康天正期の城

 ■ 中村一氏の城

 ■ 家康の慶長期の城

 ■ 徳川家康の10男 徳川頼宣が城主に。

 ■ 徳川忠長が駿河藩主に。

 ■ 以後駿府城の城主は不在となった。

 

駿府は、気候温暖、今川の京文化や、家康の大御所政治その後の殿様の長期不在による城下町の繁栄などなど、温厚・まあまあ・しょんないなァなどの静岡人気質が広がって行った。

 

世界の中では、日本の気風は温厚の部類に属し、その気風は駿府から育ったと言っても過言でなく、駿府は日本の代表ともいえる。

 

次に先生は、駿府城下町と浅間神社に話を移し、浅間神社は、実は3つの神社で構成されていることを説明された。

 

 ■ 浅間神社

 ■ 神部神社

 ■ 大歳御祖神社は、土着の神様であり、地域では最も尊ばれた神様であった。

 

毎年4月5日 旧暦2月20日 大御所行列を中心とした静岡まつりが盛大に開催されているが、実は神様を乗せた神輿の練り歩きと、稚児舞楽中心の祭りであった。

 

そういう歴史を良く理解して行かないと見方を誤る。

 

先生は、今日は徳川家康駿府城下町について話を進めてきたが、この駿府は今川文化を抜いては語れない。

 

今川家があって、徳川家康があり、今、静岡駅北口には、家康の少年時代の「竹千代像」 が一人寂しく立っているが、近々、そのすぐ横に今川義元公の銅像が併設され、名実共に駿府の歴史・物語を語れるようになる。

 

みなさんも、正しく歴史を理解し物語を語る語り部になって、駿府をこれから大いにPRしてもらいたい。と説明し本日の講演を終わりました。

 

中村先生、ありがとうございました。

 

 

 

元職場の懇親会に参加して

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

昨日 (9月19日 夕方) は、元職場の戦友が集まり懇親をしました。

 

敢えて戦友と書いたのは、同じ釜の飯を食べ合って、共通の目的を持って戦ったという思いがあるからです。

 

会社は、社会貢献をする中で、会社の繁栄を目的に、営利を追求するという社員共通の目的があります。

 

集まると、健康の話も出ますが、元会社の行く末が懇談の中心になり、時代が過ぎても

話が盛り上がり、それなりに楽しい時間です。

 

会社をリターヤーして、自治会や市民団体活動に参加し、懇親会の大半に出席していますが、団体をどうしよう、こうしようという話は全くと言っていいほど出ません。

 

殆どが世間話です。

 

勿論、元会社の話を持ち出す人もいません。タブーになっているようです。

 

自治会や市民団体は、上下もないし、命令系統もありません。

 

穏やかな指示系統は保持していますが、基本的に個人行動の積み上げ方式です。

 

指導やアドバイスも希薄で、人を育てる下地も殆どありません。

 

地域に来てまで、命令や指示を受けたくない、が多くの人の本音です。

 

そういう人の集まりですから、仕事を改善したり、改革したりする提案はありませんし、提案しても纏まりません。

 

従って、行事(イベント)を追うのが主な仕事になります。

 

元職場の同僚で、地域活動を経験した人の中には、活動に限界を感じ早々に退散したという話も良く聞きます。

 

現在、大都会自治会長を担当している元上司の幾人かに話を聞くと、都会の自治会活動はどんどん縮小し、行政の伝達業務に特化してきているようです。

 

おのずと、住民の絆も薄れてきているようです。

 

従って、田舎では考えられませんが、自治会は200円/一月 くらいだそうです。

 

自治会役員は、ボランティアで、無報酬だそうです。

 

だんだん田舎も都会化していくのでしょうか。

 

都会でも、田舎でも、役員のなり手が少なくなり、どこの市町村でも困り出しました。

 

魅力のある仕事にすることが先決ですね。

 

寂しい限りですね。

 

 

食品ロスと、生ごみ廃棄処理コスト

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

しまだ環境ひろばは、設立以来、分科会制を採用して、5つの分科会 (水とみどり分科会・ごみ分科会・エネルギー まちと交通分科会・食生活分科会・環境教育分科会) に会員を配置して活動をして来ました。

 

従って、食生活にも大いに関心があります。

 

当時の食生活分科会の主な活動は、食の地産地消・伝統食の継承・食の安心安全などでした。

 

昨今、食生活問題では、「食品ロス」 と、生ごみ廃棄物経費」 に関心を持っています。

 

農林水産省によると、我が国の食品ロスは643万トンと言われています。

 

食品ロスは、生産現場・製造現場・流通現場・消費現場のそれぞれから発生しています。

 

製造現場では、まだ食べられる食品の廃棄を減らすため、AI技術を駆使して捨て分を減らしたり、賞味期限を延ばせる容器を見直ししたり、いろいろな取組みが始まっています。

 

流通現場では、形の悪いものを刻んで調理に使ったり、売れ残り寸前を子供食堂に無料で供給したり、いろいろ工夫しています。

 

問題は消費段階の、消費者である私たちの態度です。

 

家庭での、作り過ぎ、消費・賞味期限切れの廃棄は大問題!

 

また、外食の場での食べ残しも依然として多い。

 

宴会やパーティ時の食べ残しも問題、どの集会も途中で喫食タイムを設ける必要がある。

 

生産者や流通業者には平気で文句を言うが、家庭では実践していない。

 

燃えるごみに占める食品廃棄物 (調理ごみ・食べ残し) は、一般的に生ごみと言われていますが、約40~50%を占めています。

 

その生ごみに占める水分は、約80%と言われ、行政の焼却センターでは、水を燃やしているのです。

 

一般家庭では、生ごみの水切りが殆ど行われておらず、税金の大きな無駄使いにつながっています。

 

島田市では、年間14億円ものごみの処理経費のうち、8~9億円は燃えるごみの焼却に使っています。

 

先ずは生ごみを出さない工夫、出したら堆肥にするか、消してしまうか(キエーロ)、そういう工夫の出来ない家庭は、せめて水切りに協力することを、市を挙げて真剣に取り組む必要性を強く感じます。

 

まだまだ、真剣さが足りない。

 

 

関心が高まって来た「持続可能な開発目標SDGs」

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

今から4年前 2015年に、国連総会で 「持続可能な開発目標 (SDGs)」 なるものが採択され、今や国・県・市町村を始め、企業・団体経営者まで重要課題として認識するようになっています。

 

先日ある生協関係者から、「SDGs手帳」 を頂きました。

 

内容を見てみると、SDGsとは、2015年9月に国連加盟国193カ国によって採択された「持続可能な開発目標」 です。

 

人間、地球および繁栄のための2030年までの行動計画として、17の目標169のターゲットから構成され、「誰一人取り残さない」 ことを誓っています。

 

地球が限界に来ている、私たちの暮らしはあらゆる意味で限界値を越えていることを訴え、17の目標と169のターゲットが分かり易く表現されています。

 

「第二次 島田市環境基本計画 後期基本計画」 の3頁にも取り上げて、市民一人ひとりが主役、みんなで参加し、広く普及することを促しています。

 

当手帳には、その他有効なデータや資料が載っており、大事に保管したい。

 

島田市くらし・消費・環境展は、SDGs訴求の絶好な場ですが、残念ながら今年度は開催日程調整がうまくゆかず、来年10月3日(土)に順延となりました。

 

展示内容の充実時間がたっぷり得られたと、善意に解釈して、島田市くらし・消費・環境展2020」 は、「SDGs」 を市民にアッピールできる場として迎えたいものだ。

 

 

 

「軽トラ市、シャッター街に1万人集う」の記事を見て

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

今月 9月13日(金) 日経新聞朝刊 29頁 一面記事 「地方で育む日本の未来」 で、「軽トラ市」 が大きく取り上げられました。

 

紹介されたのは、岩手県雫石町・宮崎県川南町、そして静岡県掛川市でした。

 

軽トラ市とは、、人通りが減り、「シャッター街」となった地方の商店街に地元住民らが仕事で使う軽トラックに思い思いの産品を積んで集り、一列に並んで販売する「市」です。

 

軽トラだから設営も撤収も簡単。

 

2005年に岩手県雫石町で始まり、15年たった今では全国約150ヵ所で定期開催されていると記事は書いています。

 

記事の中に、雫石町・川南町・掛川市の軽トラ市が写真入りで紹介されていますが、普段人通りの少ない商店街も月一度の市では人であふれるという。

 

何と言っても、地場産品を地元住民が買う、地産地消にはうってつけの活性策であることは間違えない。

 

島田市の商店街は、土曜日・日曜日でも人はさっぱりだ。

 

島田市には、帯通りに限定した、「元気市」 という市が定着していますが、設営や撤収に手間がかかったり、マンネリ化 (売り物が少なくいつも同じ) が指摘されています。

 

元気市はそのまま残し、その日を使って(日程を固定化)大通りに拡大した軽トラ市を延長すれば一大市場となる。

 

島田市では、嘗て、軽トラは話題に上っているが、いつの間にか消えてしまったが、再検討の余地がありそうだ。

 

中溝町敬老会に参加して

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

今日 (9月14日 土 am) は、島田市中溝町敬老会」 に出席しました。

 

島田市は、80歳以上を敬老会の対象者として、開催自治会へ開催経費の一部を助成しています。

 

そのため、市としての敬老会行事はありません。

 

中溝町は、75歳以上を対象としています。

 

ちなみに、75歳以上は、646名(男性251名・女性395名)、80歳以上は、424名(男性 165名・259名)で、約60%が女性です。

 

今日の出席者も、9:1と、女性の出席者が圧倒しています。

 

なぜ男性はこんなに引っ込み思案何でしょうか。

 

理由を明確にして、対策を講じる必要があると思う。

 

さて、今日の催しは、ギター演奏グループ (趣味の会) による、懐メロ演奏と合唱でした。

 

みなさん、若い頃に帰り、楽しく合唱していました。

 

ところで、今日の企画・実行は、自治会の部活動として位置付けられている、健勝会と健康クラブという2つの部でした。

 

自治会活動と言えば、3役 (会長・副会長) がフル活動するのが普通ですが、敬老会は、2つの部会が自立しています。

 

自治会の組織は、3役 委員会 部会などで構成されています。

 

殆どの行事は、実行委員会が都度結成されて、各委員会の委員長がヘッドで企画・実行することになっていますが、委員会が自立していません。

 

従って殆どの行事が3役中心で挙行されています。

 

今日の敬老会のように、委員会が自立すれば3役は相当に楽になります。

 

そうなれば、3役会はもっと戦略的になります。

 

行事を追うのにやっとの3役会から、もっと改革集団となります。

 

やらなければならないことが山積みしています。

 

部会や委員会に思い切って任せれば、機能することを今日の敬老会は物語っています。

 

健勝会・健康クラブのみなさん、ご苦労様でした。