「くらし・消費・環境展第2回実行委員会」へ出席

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

今日(7月27日 火 pm)は、島田市くらし・消費・環境展2021 第2回実行委員会」に出席しました

 

しまだ環境ひろばは、当展示会には当初から連続出展をしており、過去6回は実行委員長を務めてきましたが今年度は辞退し「FMしまだ」さんへ引継ぎました。

 

当展示会は、一昨年は重要行事と日程が重複したことで中止、昨年は新型コロナ禍で2年連続中止、今回の展示会は新型コロナの感染拡大が止まっていない中ですが、満を持しての開催です。

 

 ■ 開催日時: 令和3年10月16日(土)10:00~15:30

 ■ 会場: 島田市プラザおおるり 展示ホール

 

さて、今日は実行委員会の第2回目、全体テーマの選定から入りました。

 

 ■ 当展示会は、くらし・消費・環境とジャンルが広く、全体テーマの選定には毎年苦労し、この数年は、「見て、聞いて、さわって感じよう、生活のヒント」など、来場して来る一般市民の行動に訴えるテーマを選定してきました。

 ■ 出展団体から提出された今回全体テーマ案を投票の結果、今や世界の目標となり、小学校の教科書にも採用されている「SDGs」を全体テーマに取り上げ、「はじめよう、身近なくらしからSDGs 持続可能な社会をわたしたちから」に決定しました。

 ■ SDGsのシンボルマークは検討事項になりました。

 

次いで、各出展団体の展示内容・会場の配置図・ポスター・チラシ案と配布枚数も承認しました。

 

しかしそれにしても、今回の「市民活動団体出展数」は5団体、事業所に至っては3社過去最低の出展数で、日頃のコミュニケーション不足のツケが出ています。

 

全国的傾向ですが、高齢化・後継難・会員不足などを理由に市民活動団体の減少が目立つ。

 

5団体中、しまだ環境ひろばを含めて3団体の平均年齢は75歳を超え、若者の出展団体候補の発掘をしないと来年度以降の開催が危ぶまれます。

 

また事業所との連携・協働などの気運も低下しているように思えます。

 

昨今、社会貢献を会社方針としている事業所が多く、日頃から市民団体・行政との連携・協働をやっていればこんな状態にはならないはず。

 

出展数が寂しい中ですが、出展する以上は充実した展示を行い、市民にヒントを嗅ぎ取ってもらい、日頃の暮らしの中で活かしてもらわなければならない。

 

しまだ環境ひろばでは、「もったいないを広げよう、行動は楽しく・賢く・自分ごとで」をテーマとして、日頃の活動を3つに絞って生活のヒントを提供したいと考えています。

 

地球温暖化防止活動やSDGsが何故必要か、当日は市民と一緒に考え、行動をするための提案の場づくりをします。

 

市民のみなさん、ご期待ください。

 

ご来場をお待ちしています。

「企業に気候変動リスク開示を義務付け」国民には!

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

今日(7月26日 月)の日経新聞朝刊 一面トップ2に、「企業の気候変動リスク開示を義務付け」という驚きの記事が載りました。

 

内容は、企業が発表する有価証券報告書に、気候変動のリスクにどう対応したかの記載を義務付けるというもの。

 

有価証券報告書は、企業経営者に発行が義務付けられているもので、投資者やこれから投資をしようとしている人に、経営報告やこれからの取組みを約束するもので、非常に大切な書類です。

 

今、世界の国々が地球温暖化を起因とする気候変動リスクに果敢に立ち向かい始め、日本も先進諸外国に歩調を合わせています。

 

既に政府は2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロを掲げ、途中の2030年までに2013年度比46%の削減という目標を打ち出しました。

 

これに400余りの自治が、「2050年 ゼロカーボンシティ」を宣言し国に同調しました。

 

産業界も多くの団体・企業が目標達成に向けて動き出しましたが、今回の有価証券報告書への気候変動リスクへの取組みの記載義務化」は、経営者が環境に配慮した事業に取り組みやすくすると同時に、投資家の企業判断に資するものだという。

 

気候変動の対策費は、儲けた利益を向けるのではなく、始めから経営の経費と考えることは今や常識になって来ていますが、今回の措置は経営者に覚悟を迫ったものと考えます。

 

 

こうしたことで、国と自治体と産業界は、黙っていても目標を達成して来るものと思います。

 

問題は一般家庭です。温暖化防止の意識や感覚が非常に鈍い。

 

国や自治体や産業界に対して非常に厳しいことをいうが、国民が一番だらしない。

 

日常のくらしの中には、「無駄なこと」「もったいないこと」がいっぱいある。

 

国や自治体にサービスを強要するあまり、「過剰サービス」がいっぱい存在している。

 

国や自治体や産業界に要求ばかりでなく、国民自身も「気候変動リスク」を回避するための行動を起こすべきだ。

 

やれるところからで良いのです。

 

 ■ 紙を燃えるごみ袋に入れるのはやめましょう。

 ■ 生ごみは水を切りましょう。

 ■ プラごみのポイ捨てはやめましょう。海岸には流れ着いたプラごみがいっぱい!

 ■ 照明やテレビのつけっぱなしはやめましょう。

 ■ 乗っていないコミュニティバスは工夫して廃止しよう。 などなど。

 

地球温暖化に起因する気候変動リスクは、いずれ私たちや子ども・孫の時代に必ず顕在化する問題ですから。

 

やるのは今です!

脱炭素!世界各国の一般国民はどう思っているか。

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

ドイツや中国では、未曾有の大水害に襲われ、北米では大規模な山火事が発生しています。

 

いずれも地球温暖化による気候変動が原因と言われています。

 

去る4月には、バイデン大統領が主導した「気候変動サミット」では、米国・日本・カナダなどは温暖化ガスの削減目標の上積みを表明ましたが、中国・インドなどは「先進国はより大きな行動を示すべきだ」と主張し纏まりませんでした。

 

次いで6月の7カ国首脳会議(G7)では、2050年までの温暖化ガス排出の実質ゼロや気温上昇の1.5度以内への抑制や石炭火力輸出への新規支援の年内停止などを決めました。

 

これらを受けて、一昨日(7月23日)に、主要20カ国・地域(G20)気候・エネルギー相会議が、イタリアのナポリで開かれました。

 

日本からは、小泉環境大臣が出席しました。

 

席上、またもや先進国と、新興国のリーダーを自負する中国及びインド・ロシアとの間で、「脱炭素」をめぐる主張が対立し問題は先送りとなりました。

 

現在温暖化ガスの排出が多く、石炭火力への依存度が高い国(中国・インド・ロシア)と先進国との対立になっています。

 

10月の「G20首脳会議」や、12月に開催が予定されている、「国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)」へと問題が持ち越されましたが、果たして溝は埋まるだろうか。

 

目の前で、自国で、未曾有の大水害に襲われていて、原因が温暖化だとわかっていても頑なに先進国の上積みを強行に求める中国

 

都合が良い時には、世界第二位の経済大国を誇らしげに名乗り、都合が悪い時には、新興国のリーダーを自負する中国という国は一体どういう国なのだろうか。

 

中国やインドやロシアにも言い分はあるが、世界各国の一般国民はどう思っているのだろうか。

 

首脳会議よりも、一般国民会議(無差別選別)の方が、前向きな意見が出て来るのではないか。

 

世界のメディアが協働して、どこかで至急企画・実施してもらいたい。

第32回夏季オリンピック東京大会に寄せて

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

第32回夏季オリンピック東京大会が昨夜(7月23日)開幕しました。

 

日本では57年ぶり2回目の開催、57年前は日本の復興期、胸を躍らせてテレビ鑑賞した覚えがあるがあれから半世紀余、もうこの先3回目はないだろう、目に焼き付けようと午後8時から3時間半テレビに釘付けになりました。

 

コンセプトは、共感と連帯「United by Emotion]、合言葉は、「心でつながる」

 

セレモニーは、多くの種目を赤い光(ロープ)で繋ぎながら、選手たちの不安や葛藤をイメージし、それでも希望を持って挑み続けるアスリートを映像で描き出す場面から始まりました。

 

次いで、嘗てのメダリストの重量挙げの三宅、マラソンの高橋などが持つ「日本国旗」の入場と掲揚、国歌斉唱、コロナの犠牲者への黙禱、木やり歌や提灯行列、57年前の東京大会の木材を使った3つの輪を5色の花火を絡めて5輪に変化させました。

 

いよいよ参加205カ国の「入場行進」ギリシャを先頭に始まりました。

 

最後に日本選手団が入場し選手宣誓、上空には1400のドローンが飛んで今大会の「エンブレム」を描き出しました。

 

大会組織委員会の橋本会長の感謝と決意のあいさつ、IOCのバッハ会長の連帯と平和を基調としたあいさつがありました。

 

この後天皇陛下による「開会宣言」があり、東京・福島地域の女子高生によるオリンピック旗の入場オリンピック賛歌が流れる中で掲揚があり、日本国旗とオリンピック旗が並んで風になびきました。

 

平和の象徴のハトと紙飛行機が映像で会場いっぱい飛びました。

 

これから始まる各地の競技会場や東京の観光地が次々と映像で映し出され、歌舞伎役者の市川海老蔵も登場しました。

 

いよいよ最後のヒナーレ「聖火入場」、嘗てのレスリング金メダリスト 吉田さんや、野球界のレジェント 長島・王・松井さんへ、そうしてコロナ禍で苦労された医師の大橋さん、看護師の北沢さんへ。

 

最終ランナー 日本が誇る女子テニス界のトップ 大阪直美に引き継がれて、会場真ん中に設置された聖火台の頂点に点火され、同時に盛大な花火が打ち上げられて、名実共に今大会の幕が開きました。

 

新型コロナウイルスの脅威が世界を覆い、日本でも開催都市の東京は緊急事態宣言の真っただ中、こういう中で無事開会式を終えてホッとしました。

 

もうここまで来たんだから気持ち良く応援しよう、が国民の大方の思いであると考えます。

 

アスリートたちも多くは語りませんが、5年間の精進は計り知れないものがあります。

 

世界のアスリートたちが、気持ち良く全力で戦い、そうしてコロナに打ち勝つことを願うばかりです。

 

幸い一夜明けての今朝(7月24日 土)のテレビや新聞の論調、世界の受け止め方はいろいろだが、大方は「地味な中でも主張のあった開会式であった」と受け止めました。

 

筆者も派手さが目につかずに、各所でチエと工夫が目立ち、開催国の思いは伝わって良かったと感じています。

 

さあ、今日から日本選手には頑張ってもらおう。

市民農園に参加してみませんか。

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

梅雨が明けたと思ったら連日、猛暑がやってきました。

 

しまだ環境ひろばが維持管理する4ヶ所の市民農園の一つである中溝町コミュニティ農園」では、漸く大豆の苗の移植も終わり、連日水やりに苦闘しています。

 

しまだ環境ひろばでは、4つの市民農園「主担当制」を引いて、中溝町コミュニティ農園は、筆者が主担当になって維持管理しています。

 

健康保持、運動代わりと思っていますので苦にはなりません。

 

 中溝町コミュニティ農園の概況>

 

 ■ 平成21年6月 市街地のど真ん中に約350坪(1200㎡)の雑草地化していた休耕田があり、地主に交渉し再生を条件に無償で借り受けました。

 ■ しぶとい芝風の「ちがや」という雑草を会員総出で抜き取り、約270坪を大豆と菜の花畑に、約80坪を個人農園に再生しました。

 ■ 最初の数年間は、菜の花と大豆の二毛作をやりました。取れた菜種は搾油して菜種油を作り近隣の保育園に寄贈、大豆は「新春 手づくり味噌の体験会」の材料にし、体験会参加市民は100名になりました。

 ■ 平成30年、地主より近くの食品スーパーの駐車場へ転用を理由に返還を要請され心良く返還に応じ、幸い約80坪の個人市民農園はそのまま残り、今日に至っています。

 

市民農園に参加して来る一般市民は少なく、「御仮屋市民農園は未だ空スペースがたくさんあります。

 

中溝町コミュニティ農園」も、今少し空きスペースがありますが希望者がいないので、筆者が繋いでいます。

 

今夏は、サツマイモ・里芋・生姜・インゲン・ナスが良く育っています。

 

それでも空いているスペースに「大豆」の苗を移植し、80坪全てに何らかの野菜や穀物が元気に植わっています。

 

収穫時期には、大豆は「手づくり味噌体験会」に使いますが、その他の作物は近隣の友人や親戚に配分されていきます。

 

耕作放棄地の再生 → 市民農園化 → 地産地消等々、地域の小さな循環型社会づくりへの貢献ができていると自己満足しています。

 

島田市民のみなさん!市民農園に参加してみませんか。

 

希望者は本ブログにコメントください。

「雑草や剪定枝」の自家処理にトライ

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

しまだ環境ひろばは、耕作放棄地を再生して市民農園を4ヶ所を維持管理しています。

 

市民農園では、夏場は雑草との戦いで「刈り草」がたくさん出ますが、自農園処理し、当然ながら市の焼却センターには依存していません。

 

■ 御仮屋市民農園では、大きな「刈り草箱」を設置して、時々ヌカを混ぜたりして自然に土に戻しています。

 

■ 中溝町コミュニティ農園では、一ヶ所に集めて枯れてから、里芋などの根元に置いて日除け代わりに使いながら土に戻しています。

 

■ 伊太の八幡宮西竹林や、観音様奥梅林は土地も広いので、刈り草は自然放置し土に戻しています。

 

問題は一般家庭の庭や菜園から出る「刈り草」や「取り草」は処分に困り、市のごみ収集車に依存している家庭が多く、その量はバカにできません。

 

筆者宅では「生ごみ」は自家堆肥化をしていますが、残念ながらこれまでは草類は市のごみ収集車にお世話になってきましたが、今日から「自家処理」に挑戦することにしました。

 

挑戦と言っても、既にトライしている友人の方式をまねたもので、刈り取った草や抜き取った草を袋の中に詰め、一杯になったら口を軽く閉めて庭の片隅にころがして置くだけの簡単なもの。

 

自然に枯れて、作物の根元に置いて日除けに使える。

 

友人の話では、堆肥や土に戻すには、袋の中で雑草と土とヌカを混ぜて自然発酵させ、発酵が終わったら庭や菜園で堆肥や土として使って行けばよいとのこと。

 

今日から試行錯誤しながら、自家処理の良い方法を発見して行きたいと考えています。

 

筆者宅では草類の自家処理ができれば、燃えるごみ袋に残るごみは、「プラスチック類」「汚れた紙類」のみになります。

 

これから既に成立している、「プラスチック資源循環促進法」が施行され、プラスチックの本格的な分別とリサイクル活動が始まります。

 

「おむつのリサイクル」もトライが始まっており、将来「汚れた紙」の分別処理が始まれば、生ごみを自家処理している家庭から出るごみは無くなります。

 

一般家庭からごみが出ない時代の到来が待たれます。

 

ごみは、集めて焼却すれば温暖化ガスを排出することになり、家庭にある間の少量のごみの内に自家処理するのが最善です。

 

ガンバロー!

 

悪い習慣は、市民全員が具体的に一気に!

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

過去には市民が自助・自立して行っていたことが、だんだん行政サービスの領域となり、それと共に市民が横着になり、悪いクセ(習慣)がつき、それが当然となっていることが多い。

 

例えば、(ほんの一例です)

 

 (1)家庭内の紙類の消費が増え、それと並行して部屋別に「ごみ箱」の設置が普通のこととなり、汚れた紙もきれいな紙も一緒くたに「ごみ箱」にポイ、ごみ箱から「燃えるごみ袋」に移されて市の「ごみ収集車」で回収され焼却されています。

 

   ◆ 「専用雑紙分別箱」を別に設置して分別している家庭はごく少ない。

 

 (2)多くの一般家庭の台所のシンクには、水道の蛇口とその横には「三角コーナー」の設置が普通で、三角コーナーの中の野菜くずなどには水がべったりです。

 

   ◆ 水分がたくさん付いた野菜くずや食べ残しは、「燃えるごみ袋」に移されて市のごみ収集車で回収されて高いコストをかけて焼却されています。

 

「雑紙は資源です。分別してください」、「生ごみは水分を切って」、といくら行政が宣伝しても、この悪習慣は直りませんし、この十数年何も変わりません。

 

これは、一般市民の暮らしの中で悪いクセ(習慣)が染みつき普通のこととなり、高いコークスや石油などの化石燃料を使って焼却していることなど市民はどこ吹く風です。

 

これを意識させ、くらしの改善をするにはどうしたら良いのでしょうか。

 

ただ宣伝しても変わりません。

 

そのためには、前述のクセ(悪習慣)を、■ 市民自らが ■ 自分ごととして ■ 全員が ■ 具体的に ■ 一気に 変えることです。

 

声を上げるのはトップの役目です。

 

 ■ 小さなテーマごとに、一般市民の中から普通の人を無作為で10人位2回程集まってもらい、現状・問題点・なぜ・どうしたら良いかなどを具体邸に話合って貰う。

 

 ■ 普通の市民に考えてもらい、実行可能な案を作りあげ、実行してもらうことに意義があります。

 

例えば、島田市民が一斉に、「部屋別のごみ箱」を廃止し、「雑紙専用箱」と「汚れたごみ箱」を2つ設置することが決まれば素晴らしいことだ。

 

もっと違うアイディアが出るかも知れない。

 

島田市の家庭から、ある日突然、勝手場のシンクの中から「三角コーナー」が消えてなくなり、三角コーナーに代わって「網袋」が登場し、網袋を干すようになればこれまた素晴らしい。

 

もっと違うアイディアが出るかも知れない。

 

小さなテーマを一つづつ改善して行く、素晴らしいことではないか。

 

毎日、世界中で起こっている災害を防止するためには、今、「普通の市民の参加」が必要なのです。

 

災害は、私たちの暮らしの中で、地球を痛めつけて来た結果で起こっているのですから。

 

できないことをやる必要はありません。

 

普通の人ができることを、具体的にやって行きましょう。

 

そのためには、一方通行ではなく、市民・事業者・行政の、真の「連携・協働」が必要です。

 

要は、普通の市民が、「そうなんだ」「だから変えなければならない」と意識が変わることが、今一番必要なことです。