総合計画(後期基本計画)のスタートに寄せて

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

島田市では、「第二次総合計画 後期基本計画」をスタート、その概要が、「広報しまだ5月号」で公表されました。(詳しくは市のホームページ参照)

 

 ■ 総合計画は「まちづくりの基本となる計画」だ、と書いてある。

 ■ 計画の期間:第二次総合計画の後半4年間(2022~2025年)

 ■ 計画は3層構造から構成 ① 基本構想 ② 基本計画 ③ 実施計画

 ■ 3大戦略:① 循環型社会 ② 縮充(選択と集中) ③ DX(デジタルトランスフォーメーション)

 ■ 基本構想(基本理念): ①ここにしかない「個性」を大切に ②どこより「元気」に ③ともに支あい「協働」して

 

基本計画を貫いている基本理念は、

 

市民自らが、自らの住むまちをより良くしていこうとする市民主体の取組、市民・事業者・行政それぞれが互いにその特性や役割を理解し、ともに力を合わせる協働のまちづくりを進めることです。

 

暮らしを一番知っているのは市民だ! 市民が計画を理解し納得しなければことは進まない。

 

計画の推進の主体は、全ての市民(市民・事業者・市)、「連携・協働」が合言葉だ。

 

しまだ環境ひろばは、設立以来(2003年~)「連携・協働」を率先して行って来ました。

 

 ■ 里山づくり: 地元農家・地元の市民団体・市の農林課

 ■ ごみの減量化: 他の市民団体・事業者・市の環境課

 ■ 地球温暖化防止: 他の市民団体・事業者・市の環境課

 ■ 食生活の向上: 地元農家・市の農林課・健康づくり課・環境課

 ■ 市民環境教育: 地元農家・事業者・市の農林課・環境課

 

今から思うと本当に良くやって来たと思うが、達成感・満足感・やりがいが得られていないのである。

 

目的を得るための、「勉強会」や「視察会」・「お祭り」はいろいろ協働してやってきましたが、後に残る成果がないのである。

 

市政の中の重要施策で連携・協働した実績は非常に少ない。相談も極く少ない。

 

「真の協働」とは、「市民・事業者・行政」が同じテーブルに着いて企画し、実行し、評価をして目的を遂げることではないか。

 

この「真の協働」が非常に少ないのである。

 

総合計画(後期基本計画)がスタートしました。

 

計画を貫いている理念は「協働」です。

 

文字だけが踊るのではなく、「真の協働」を実行したいものだ。

 

その積み重ねをしないと、市民づくり=人材づくり=自立した市民づくりはできない。

「生活情報交換会5月例会」でマイナンバーを勉強

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

今日(5月20日 金 am)は、「生活情報交換会 5月例会」に参加しました。

 

 ■ 生活情報交換会は、静岡市のアイセル21(婦人会館)に拠点を置く任意団体で、某企業を退職した数人が発起人となって、退職後の生活をエンジョイしようと立ち上げた会である。

 

 ■ 活動は会員同士の情報交換や有識者の良い話を聞く講演会の開催が主ですが、今や会員数は数十人に、講演会の開催は今回で137回を数えています。

 

今日は、静岡市出前講座でタイトルはマイナンバーで できること」、講師は静岡市デジタル化推進課 主任主事:安田 洋一郎 さんでした。

 

新型コロナの新規感染拡大を契機に、我が国のデジタル化の遅れが露呈し、特に行政における市民サービスの遅れは甚だしく、事務の効率化のカギとなるのがこのマイナンバーであり、今日はマイナンバーで できること」を学ぶ講座でした。

 

講師の安田さんは、冒頭で今日は4つのことを話しますと前置きして話始めました。

 

(1)マイナンバー制度について(2)どこで何に使えるか(3)安全性(4)マイナポイントについて

 

(1)マイナンバー制度について

 

 ◆ マイナンバーとは12桁の番号で、住民票を持つ全ての国民に付与される。

 ◆ 目的は国民の利便性向上であるが、同時に行政の効率化の向上をもたらし、それがまた国民への行政サービスの向上となって帰って行き、好循環をもたらすものである。

 ◆ 5月1日現在全国普及率は44%、静岡市もほぼ同率、政府は2024年度までに90%を目指しているとのこと。

 ◆ まだマイナンバーカードを取得していない人は、SNS(QRコードを読み込んであとは画面に従いインプット)もしくは役所の窓口で申請できる。

 

(2)マイナンバーカードは、どこで何に使えるか。

 

 ◆ インターネット上の身分証明書となる。

 ◆ 戸籍や住民票はコンビニでも、朝6:30~夜11:00まで、土日でも取得が可能となる。

 ◆ 確定申告がSNSからできるようになる。

 ◆ 健康保険証の代わりに使えるようになる。

 ◆ 公金受け取り口座を登録すると、配付金・年金・還付金等自動的に受給できる。

 ◆ 市役所手続き(子育て関係・介護関係)が、SNSからオンラインでできる。

 ◆ 運転免許証との一体化

 ◆ これからSNSを持っていればいろいろなことができる時代になる。

 

(3)安全性(セキュリティー)について

 

 ◆ カードを紛失した場合は役所に届ければ即失効の手続きをしてもらえる。

 ◆ 4桁の暗証番号は、3回間違うとロックされる。

 ◆ カードから個人情報を抜き取ろうとするとカードのキットが自動的に壊れるから安心

 ◆ 役所の職員でも、担当職以外の人は個人情報は見れなくなっている。

 ◆ マイナンバーの安全性は十二分に配慮されているので先ずは安心である。

 

(4)マイナポイント(第2弾)について

 

 ◆ マイナンバーカードを未だ取得していない人は新規取得すると5,000円分のポイントが付与されるが、お好きなキャッシュレス決済サービスでチャージもしくは買い物をする必要がある。

 ◆ 健康保険証として利用申し込みをすると、7,500円付与される。

 ◆ 更に、公金受取口座の登録で、もう7,500円付与される。

 ◆ 健康保険証・公金受取口座登録による付与は準備が出来次第(6月30日以降)となる。事前の登録手続きはOK。

 ◆ 9月末までに登録をした人は、令和25年2月末まで有効となる。

 ◆ マイナポータルアプリは100種類以上で非常に便利である。

 

今日は、「マイナンバーでできること」を学んだが、第2弾のマイナンバーカードでマイナポイント」の付与が始まる直前であり、グットタイミングの講演会でした。

 

安田講師さんは、話下手だと自己紹介しましたが、全くそんなことはなく非常に分かり易い説明で、良く理解できました。

 

幹事団のみなさん、講師の安田さん、今日はどうもありがとう。

5月28日(土)は、伊太観音様奥梅林に!

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

しまだ環境ひろばでは、市民環境塾「梅を収穫しながら自然について考えてみよう」を開催します。

 

 ■ 日時:5月28日(土)朝9:00~12:00まで

      午前中ならいつ来園してもOKです。梅の収穫体験です。

 ■ 会場:島田市伊太観音様奥の梅林(しまだ環境ひろば農園)

 ■ 梅の種類:南高梅

 ■ 参加料:無料 梅のほしい方は400円/1kgで持ち帰りができます。

 ■ 家族・親子連れ・お孫さん同伴・友達等々大歓迎

 ■ いで立ち:長袖・手袋・長靴・飲み物持参、暑いので軽装で良い。

 ■ 連絡:080-6950-6064(佐藤)事前申込みは不要です。

 

しまだ環境ひろばでは、地主の要望で荒廃した梅林に手を加えて蘇らせ、毎年一般市民をお招きして、梅の収穫体験会」を開催しています。

 

農家の高齢化・後継難で伊太地区も例外ではなく、梅林の維持管理が年々難しくなっています。

 

しまだ環境ひろばでは、主担当のSさんが、土壌や木の剪定などの技術を習得し、毎年良い実を付け、今年もどうやら豊作です。

 

島田市の伊太地区は、梅の産地で2月は梅花で楽しみ、5月は収穫で忙しい。

 

収穫した梅は、梅干しや梅ジュースに加工し、おむすびに、食卓に、真夏の清涼飲料にと大人気です。

 

 ※ 梅干しや梅ジュースの作り方は、インターネットで紹介されていますが、特に梅ジュースは簡単に作れて、夏の飲み物に最適です。一ヶ月間でできますので参加してジュースづくりに挑戦しよう!

 

5月28日(土)は、しまだ環境ひろば 伊太観音様奥の梅林に集まろう!

ガイアの夜明け「使用済食用油を軽油に」を見て

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

5月6日(金)の夜、テレビ東京で放映したガイアの夜明けを、懐かしく、また感動して視聴しました。

 

内容は、福岡に本社を構える西田商運という会社の西田会長さんが、使用済の食用油やラーメンのつゆを集めて軽油に精製し、自社の所有するトラックの燃料に使おうとするもの。

 

既に必要量の45%をこれで賄い出したという。

 

筆者がこの放映を見て、何故「懐かしさ」を感じ、感動したかと言うと、平成19年(2007年)に、しまだ環境ひろば内に4人の会員で再生可能エネルギー意見交換会を発足し、会員のⅠさん(当時 有限会社 Y陸運取締役会長)が全く同じ発想で自ら軽油を作り、自社のトラックの燃料として使っていたからです。

 

一方、今でも健在ですが静岡市には「静岡油化工業株式会社」があり、近隣の自治体と組んで使用済の食用油を集めて精製し、製油した軽油自治体に還元する事業を展開しています。

 

島田市でもこの仕組みに参入し、年間6,000~8,000リットルを市民から回収し、最初の頃は「ごみ収集車」の燃料(軽油)に、性能的に問題が出て今では運搬車の燃料に使い、循環型社会づくりに、ひいては地球温暖化防止に貢献しています。

 

西田会長さんの話では、今では新車に使っても性能的に何の問題もないとのことで、島田市で発生した使用制限の見直しが必要だろう。

 

島田市では、市内の8ヶ所に回収ボックスを置いて、今ではすっかり定着しました。

 

しまだ環境ひろばでは、前出のY陸運 Ⅰ会長さんの協力で、使用済の天ぷら油の精製中のサンプルの提供を受けて、島田市 くらし・消費・環境展」で展示し、市民が使用済の天ぷら油の回収に協力すれば、ごみ収集車の燃料になることをPRし一役買いました。

 

更に、しまだ環境ひろばでは、300坪の耕作放棄地を再生して、菜の花を栽培し、菜種油に精製し保育園に寄付、使い終わった菜種油を回収して、市の集積ボックスに入れるという一連のシステム維持に貢献してきました。

 

しまだ環境ひろばとしては、一応定着したものとして残念ながら本システムからは手を引いていますが、全国には営々とこれに取組んでいる人がおり、非常に懐かしく、感動してしまいました。

 

西田商運 西田会長さんの益々のご活躍と、島田市の本システムの継続と発展を祈願したい。

昨夜はZOOMで「生活情報交換会5月幹事会」

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

昨夜(5月16日 月 pm)は、「生活情報交換会の5月幹事会議」をZOOMで開催しました。

 

生活情報交換会例会(講演会)は、毎月第三金曜日に会員を集めて開催していますが、その週の月曜日には、ZOOMを利用して幹事会議を開いています。

 

 ※ 生活情報交換会は、某企業を退職した数人が、退職後の人生を有意義に過ごそうと、お互いの情報交換や有識者の良い話を聞こうと平成22年(2010年)に立ち上げた会で、講演会も次回は138回目、会員数は数十人になっています。

 

午後8:00、幹事がZOOMに入室しましたが、音声は聞こえども映像が映らなかったり、映る人数が限定されたり苦戦しましたが、全員の通話は可能でしたので何とか会議の目的は達しました。

 

ZOOMの利用を開始してから5ヶ月目ですが、未だに完ぺきとは言えません。

 

招待者を順番制にしていますが、招待者が持っているパソコンのメーカーや仕様によって、招待される側の入室手順や操作が異なるようです。

 

そのため毎回トラブルが発生していますが、パソコンの仕様に関係なく一律操作にしてもらいたいものです。

 

昨夜は、予定の無料時間が過ぎて強制的に切れてしまいましたので、スマホ(SNS)LAINのビデオ通話に切り替えて会議を続けました。

 

LAINのビデオ通話は非常に楽で、機能はZOOMと全く同じで、ただ画面が小さい事が欠点です。

 

過日、若い人たちの市民活動グループ「島田がこうなったらいいな」のワークショップのZOOM会議に参加しましたが、ZOOM会議をやりながらスマホのLAINで、案内チラシや文書の交信をしていました。

 

ついて行くのがやっとでしたが、非常に勉強になりました。

 

大変スムースで、若い人たちの先進性・スピード・企画力を強く感じました。

 

高齢者はドンドン若いグループに入り、デジタルを駆使した交信・企画・実行を勉強したら良い。

 

生活情報交換会の幹事団会議も、会話・資料交信・意見投票などなど、早く駆使できるようになりたいものだ。

 

次回(6月13日)は、筆者が招待者に指名されました。

 

全員一律操作ができるように、事前準備(学習・徹底)を頑張ろう!

ごみ減らしは、「クセ直し」パート3

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

ごみの減量を邪魔しているのは、暮らしの中の習慣(慣れ・クセ)だ、と思います。

 

クセを直せば、ごみは減量できます。

 

■ 勝手場のシンクの中に「三角コーナー」を置く習慣・クセ

■ シンクの中に調理した野菜の皮・根・ヘタを落とし込むクセ

 

この2つのクセは、生ごみに水が付着する最大の要因です。

 

次に野菜そのものが持つ水分です。

 

■ 野菜の80%は水分、20%が皮と実と繊維です。水が抜ければカラカラになることを知らないか、知っていて、捨てる野菜から水を抜こうとしない習慣。

 

野菜くず(皮・実・繊維)は、網袋に入れて1~2日間物干しざおに吊るせば水分は相当に抜ける。臭いは殆どなく、虫も寄って来ない。

 

水が抜ければ生ごみは良く焼ける。燃料費も少なくて済む。

 

次は「紙ごみ」を捨てるクセです。

 

■ 紙を破いたり、丸めたりして部屋のごみ箱にポイ捨てする習慣・クセ

 

このクセが、「燃えるごみ袋」に紙が混入する最大要因になっています。

 

紙は平たく伸ばして、雑紙専用箱に一時保管するだけでごみは相当に減ります。

 

さて、今日の本題。

 

■ 燃えるごみ袋の中を段ボールや新聞紙で覆い、ごみの中身を見られないようにする習慣・クセ

 

ごみの中身を見られて生活をのぞき見されたくないのが理由。

 

中が見えないように「燃えるごみ袋」をぼかしたり、色塗りを行政に提案したが、動物の死骸を入れたりする不心得者がいるので、回収時と焼却場の操作室で監視をしていることを理由に拒否されました。

 

しかしこの習慣・クセは拡大しており、実態は監視の効果は少なくなっています。

 

現在の半透明をもう少しボカシを入れて事実上見えなくして、新聞紙で覆う習慣を全廃するように再度提案したい。

 

それでも習慣が直らない場合は、勧告の上で当該集積場からのごみ収集はしない強行手段も已むお得ない。

 

なぜ、ごみは減らさなければならないか、「何故」を理解することが肝心だ。

 

人間は何故が理解できれば行動する。

 

暮らしの中で長年染みついたクセは中々直らないが、地球温暖化防止の重要性を市民に理解してもらわなければならない。

 

島田市は、「第三次環境基本計画」を策定中です。

 

ごみ減らしは「クセ直し」を掲げ、市民・市民グループ・事業者・行政を挙げて一大運動化を推進してもらいたい。

ごみ減らしは、「クセ」直し パート2

NPO法人 しまだ環境ひろば 「事務局」 です。

 

CO₂(二酸化炭素)を減らすには、その発生源を断つことが肝心ですが、ごみの減量はその大きな手段です。しかしごみは中々減りません。

 

何故か、国民・市民に染みついたごみ処理の悪癖を直そうとしないからです。

 

昨日は生ごみ水切りについて書きました。

 

 ■ 水道水を落とし込んで洗い物をするシンクの片隅に、調理くず用の三角コーナーを置けば水が付着するのは当たり前である。

 

 ■ もっとひどいのは、調理しながらシンクの中にくずを全部落とし込み、片付けの段階でシンクから拾って、ビチャビチャのまま燃えるごみ袋に入れる。

 

これらの行為は、長年染みついた慣習やクセがそうさせているのです。

 

市の焼却センターでは、これら水が付着した生ごみは、水分を飛ばす(水蒸気になるまで)までコークスや石油を燃やし続けているのです。

 

さてここから今日の本題、こうしたクセは、「雑紙」という紙のごみにも言えることです。

 

雑紙(使用済の資料・ハガキ・封筒・紙箱・トイレットペーパーの芯など)は、分別すれば立派な資源です。燃やしてしまえばただの灰です。

 

日本の家庭には昔から部屋ごとに「ごみ箱」があり、その中に主に紙ごみを捨てて来ました。

 

「ごみ箱」の中を見ると、大概小さく破いた紙、ぐしゃぐしゃと丸めた紙です。

 

紙を破いて捨てる、ぐしゃぐしゃと丸めて捨てる。これが長年染みついた「クセ」です。

 

このクセが、雑紙を燃えるごみ袋に混入させる一番の原因になっています。

 

先ずは、紙を破いたり、丸めたりするクセを無くし、平たく伸ばして捨てるクセを身に付けることです。

 

その上で、思い切って部屋に置いてある「ごみ箱」を全廃し、家庭の中に一ヶ所だけ、ごみ置き場を設けて、2つのごみ箱を設置することである。

 

 (1) A4版の紙が平たく保管できるダンボール箱:この中に平たく伸ばした紙類を保存する。ダンボールの中に紙きれを放り込む封筒のようなものを置いておくと裁断した紙や、細かな紙を入れるのに便利である。

 (2)もう一つは、資源とならない汚れた紙や廃プラなど「一般可燃ごみ箱」である。

 

(1)の資源ごみは、決められた日に、決められた集積場に排出する。(2)は燃えるごみ袋に移して市のごみ収集車に回収してもらう。

 

このクセを習慣化するだけで、燃えるごみの量は大きく減ります。

 

燃えるごみ袋の中身は、いろいろなごみが入っていますが、種類ごとに行動(慣習・クセ)を見直せば、ごみは限りなく減ります。

 

島田市は現在「第三次環境基本計画(10年計画・通算30年計画)」を策定中ですが、燃えるごみの減量はその中の最大の課題です。